WordPress WordPressを使ったホームページ制作の小技をご紹介!

WordPressのみで作る不動産会社ホームページ [その1]

2015年1月21日
この記事は掲載から1003日経過しています。
情報が古い可能性が有りますのでご了承下さい

数日前のブログでちらっと触れましたが、WordPressで不動産会社ホームページ用のテーマを作るテストをしています。

このテストで自分へ掛けた足かせは以下のようなもの

  • プラグインは使わない
  • とにかくテーマのインストールのみで利用可能とする
  • 必須となるであろう固定ページ(会社概要など)は、簡単に更新出来る形で出来る限りデフォルトで作っておきたい

このうち固定ページに関してはまだ手を付けていませんが、投稿で物件を登録し表示するという事は割と簡単に出来ましたので、少しご紹介致します。

とりあえず作ったものはコレ
http://wpest01.php-powered.net/

WordPress管理画面

物件の編集 ‹ 不動産サイト実験 — WordPress縮小してますので見難いかもしれませんが、add_meta_boxで必要な項目をfunction.php(実際は別ファイルに記述したものをinclude) に書き加えています。

写真はサムネイルとなる一枚と複数枚をアップロード出来るものを用意し、詳細画面に展開します。

http://wpest01.php-powered.net/estate/6.html

あと、カテゴリを設備などの選択肢として使う事で、単発ではありますが条件を絞れる形になっています。物件一覧画面は有りませんが、本格的に作る際は物件データ(投稿データ)を全てXMLに吐き出すものを作り、そのファイルへ非同期通信でパラメターを渡す事で検索させようかと考えています。

http://studio-key.com/811.html こちらのページで書いたページ下部まで行くと次の物件をロードするのがベストかなぁと思っています。

これはレスポンシブになっていませんが、写真などは指でスライドして見るようにするのが良いかもですね。

問題点

WordPressで不動産物件を登録するって誰でも考えそうなものですが、不動産物件の登録項目ってすご~く数が多いのです。これが自前で作るならレインズのデータをインポートするとか色々出来ますが、WordPressでCSV等からの物件インポート機能を付けるくらいなら、別に作った方が早いです。

一般的な不動産管理システムで扱うような大量の項目を投稿画面に追加出来なくは有りませんが、あまり現実的ではないしサポートが大変になりそうです。なので、常時扱う物件は50件や100件って規模の会社で、ホームページ管理のついでに不動産も登録したい!といったクライアント用かなぁ・・と思います。

WordPressには便利なプラグインが有りますし、それらを使えばもっと簡単に出来そうなのですが、それじゃ売り物にならないですしね。テーマをインストールするだけで不動産会社のホームページがとりあえず出来て、気分でテーマを変える事も出来るといったものを目指してみます。

あ、これ、簡易的なものをMITライセンスで出して、正式版パッケージは販売にしようかなぁと思ってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

PAGE TOP