オープンソース 高機能なものからアクセントまで全て無料です!

不動産物件管理システム2018年版 サンプル公開します *6/7追記

2018年5月23日

以前ちらっと触れましたが、開発中の不動産物件管理システムのサンプルを公開出来る段階になりましたので、ご紹介致します。

管理パネルログイン
https://studio-key.com/example/estate2018/login/cpanel/OXmXZ3nPCVbHOddEf
※サンプルモードにしていますので、一部機能制限が有ります。

アカウント:guest@example.com
パスワード:TyLXXKmQTcd96Yt
※フォームに入力されていますので、そのままログインできます。

賃貸物件一覧サンプル
https://studio-key.com/example/estate2018/Rental

※ご注意:正式公開時には別途に設置する可能性が有りますので、上記は削除するかもしれません。

現状は不動産物件を管理することと検索が出来ることを中心に開発していますので、旧バージョンのようなデザイン関連は未定です。旧バージョンは単体で不動産会社のホームページとして利用出来るようにすることを目的として制作しましたが、今回は少し悩んでいます。全く真っ白な状態で不動産会社のホームページを作ろうと考えているならば価値は有りますが、SEOやホームページ単体として考えると管理やデザインが難しくなってしまう為です。そういう意味ではCMSのような機能を構築するのではなく、APIとして運用中のホームページへデータを提供する方が良いのではないかと考えています。後ほど紹介しますが、XML書き出し機能がそれにあたります。

 

管理パネルに関して

基本的には旧バージョンを踏襲しつつ操作性をアップデートした形です。大きな違いは写真のアップロードとなります。

写真はドラッグドロップのみで、複数枚を一気にアップロードするようにしました。また、一枚につき4サイズを生成します。Javascriptでアップロード・削除しますのでその場で確認する事が出来ます。ちょっと困ったのは旧バージョンからデータ移管する機能です。作っては有るのですが、写真管理が全く変わるため、仮にインポートしたとしても写真は再アップロードになってしまいます。実際に旧バージョンを使っていらっしゃる方も居ますので必要では有ると思うのですが、微妙な感じです・・

 

物件検索に関して

検索項目として使うかどうかを管理パネルで設定する事が出来ます。サンプルは全項目有効にしていますが、家賃だけで検索といったシンプルなものにする事も可能です。検索ウインドは左からフレームインする形としました。よく見かける上部展開ですとスマートフォンで操作し難いんじゃないかと思った為です。また、検索条件を指定してボタンを押すのではなく、選択する度に一覧が更新されるようにしました。一覧はページャーではなくページ下部までスクロールすると次を読み込みます。これもページャーボタンを押すという行為自体が無駄に感じた為です。ただ、物件件数が多いと膨大な数の一覧になってしまうというデメリットもあります。

一覧ページを表示する前に検索条件指定のみのページでワンクッション置くということも考えていますが、これはAPIとして静的ページから一覧へ移動させるというのも手かなぁと。つまり、検索窓自体をコールバックするAPIを作り、運用サイト上から検索を可能にするといった感じでしょうか。そうなると検索結果自体もコールバックしてしまえば良いのでは?と(汗 このあたりは今後考えようかと思っています。

物件詳細ページに関して

割りとシンプルな感じにしました。写真は数タイプの表示方法を選択式にしています。

デザイン用のものも有りますので、そのまま使えるのは三種です。メイン画像二枚はその他と一緒に表示したり別にする事も可能です。メジャーなJqueryプラグインを利用させて頂いています。それぞれプログラムとしてブロック化していますので、順番を変更する程度の事は割りと簡単に出来ます。

 

XML機能

条件を指定して登録すると、マッチした物件データをXMLとして書き出す機能です。Json形式も有りかなぁと思いましたが、XMLの方が一般の方には馴染みが有るかと。利用シーンとしてはWordPress等で制作したサイトに指定条件の物件一覧を表示出来るといったものです。例えば家賃五万円以下のアパートという条件で登録し、キャンペーンページを静的に作成し、その中に物件一覧を表示するといったものです。外部ドメインになるとPHPでワンクッション入れるなどコツが必要ですが、同じドメイン上でしたら簡単に表示出来ます。

 

全体的なこと

フレームワークにCakePHP2を使いました。今ですとCakePHP3の方が良いですし、実際の現場は3を使うことが多いのですが、知識の少ない一般の方ですとセットアップで挫折するのではないかと思い、あえて2にしました。カスタムが容易になるようデザインは出来るだけシンプルにしています。あとデータベースはSqlliteですので、バックアップも簡単ですね。

旧バージョンがGooglemapAPIキーの関係で利用不可になっていますが、それに合わせてたくさんの方からお問合せを頂きまして・・・対応出来ず申し訳御座いません。こちらを進めていますので、旧バージョンのアップデートはおそらくしませんm(_ _)m

物件管理という意味ではこれで十分使える状態なのですが、ここから先がクリエイターとしての楽しみというか、試行錯誤しつつ機能デザインしていく形になります。とりあえずはAPIとしての機能模索とデザインカスタマイズ関連でしょうか。CSSはSAASでベースカラーを簡単に変更出来るようにしていますので、CSS切替で雰囲気を変更出来るようにする予定です。私は高機能なものが嫌いなので、シンプルだけど使いやすいといったものを目指しています。機能過多で削る作業よりも、足りないものを作る作業の方が楽しいですしね。

リリースは・・・うーん(^-^; お約束出来ませんががんばります!

 

2018/06/06 追記

  • ・テーマカラーを6種切り替えられるように変更
  • ・物件登録時の項目を追加(あった方が良いとのご意見を頂いた為)、配置方法の変更
  • ・物件詳細画面から編集画面への移動ボタン追加
  • ・その他細かいバグフィックス

2018/06/07 追記

物件登録フォーム上で、不要なものを非表示にする機能を追加しました。

物件種別共通、及び物件種別ごとに制御することが出来ます。例えば土地には間取りや階数は要らないので非表示にするといったことが出来ます。元々土地は不要なものをプログラム的に消していたのですが、これを止めて管理者にお任せする形としました。ただし、検索条件と連動させるのは骨が折れますので、そこは共通とする予定です。

お気に入り追加ができないバグが発生しています・・・これうちの開発サーバーですと大丈夫なんですが、まだ原因不明です。あとスタイルの変更ができるようにしたのですが、インデックスをどうするか思案中のままです。いわゆるここです。https://studio-key.com/example/estate2018/ トップページになるのですが、前作同様にCMS的な要素を取り入れるか任意のURLへリダイレクトさせるか404とするかです。ぶっちゃけセットアッパーを作ればリリースできる段階では有るのですが、まだ悩んでいる状態です。

数年ぶりの大物なので、やりたいことを全部詰め込みたい気持ちも有るのですが。

以上追記となります。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

PAGE TOP