jQuery・Javascript jQueryを使った小技やAjax非同期通信などについて

Jquery非同期通信でローカルのファイルを読み込む

2014年3月7日
この記事は掲載から2023日経過しています。
情報が古い可能性が有りますのでご了承下さい

jquery非同期通信で割と利用頻度が高いかな、と思われる処理です。

サンプル

ローカルにあるファイルを読み込み、指定箇所に表示します。

単純に読み込むだけ

$(function(){
  $("#str").load("01/01.html"); //デフォルトで読み込む
});

クリックで変更する場合

$(function(){
  $("#str").load("01/01.html"); //デフォルトで読み込む

  $("#sel a").click(function(e){   //<ul id="sel">内のAタグをクリックしたら
     var Id = $(this).attr("id");  // idを得る
     $("#str").load("01/"+Id);     //01.html
     e.preventDefault();           //イベントの停止
  });
});

リンクをクリックしたときに、どのファイルを表示するかは様々な方法があると思いますが、ここではAタグのidにファイル名を書いておき、それを表示するようにしています。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このカテゴリーのその他の記事

PAGE TOP