Smarty プログラムとHTMLを切り分けて作業する事が出来るテンプレートエンジンSmartyのご紹介

Smartyに変数を設定してページに表示してみよう

2014年3月7日
この記事は掲載から1571日経過しています。
情報が古い可能性が有りますのでご了承下さい

前回の記事ではSmartyテンプレートエンジンの基本的な使い方を説明しました。今回はPHP側にSmarty変数を書いて、それをテンプレートに表示します。

smarty_Header.tpl
smarty_Contents.tpl
smarty_Footer.tpl

上記のように、ヘッダー、コンテンツ、フッター用のテンプレートを作ります。

$smarty->assign で定義した部分が変数になります。

$smarty->assign(‘好きな変数名‘, ‘表示する値‘);

次にテンプレート側

{$name} と書くだけです。

サンプル

これでプログラマが山田太郎を別な名前に変更しても、デザイナーは何もせずとも表示が変わります。

また、ページデザインが変わっても、{$name}という変数名さえ間違わなければ、表示位置を何処に移動しても大丈夫です。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

PAGE TOP