ご連絡

北海道胆振東部地震について

2018年9月10日

先ずは胆振東部地震で亡くなられた方々へ、心よりお悔やみ申し上げます。

かくいう私も被災者の一人で、苫小牧市といっても厚真寄りの地域ですので、地震発生時の震度も近いものがあったかと思います。午前3時頃ですので当然寝ておりまして、すぐ目は覚めたのですがベッドの周囲に倒れるものは配置しておらず、先ずは様子をみようとそのまま横になっておりました。

その後、初めて体験する震度となり、棚のものなどが落ちる音が部屋に鳴り響きました。幸い倒壊といったことは無いようなので、照明を付けて1階へ降りると家族も起きており、怪我が無いことをお互いに喜びました。高いところにあるものは多少落ちたり倒れたりしていましたが、震度の割には大きな被害は無かったかと思います。

その後10分くらいで停電となりました。

幸い私が車中泊用のランプ等を所持しており、それらを点けて明かりをとりラジオやネットから情報を得ると、かなり大きな地震だったことを知りました。明るくなってくると近所の方も大きな被害はないようで一安心。

その後、新ひだか町富川の弟の部屋で水槽が倒れるなど途方に暮れていたようで、私の運転で父母と共に向かいました。途中、道路の隆起やむかわ町の家屋倒壊を見て被害の大きさを実感しました。

停電は7日午前中に復旧しましたが、電気のない夜に感じた不安は相当なものでした。現在は日常生活が出来る状態にはなっております。もちろん節電には心がけています。ただ、やはり物資不足が深刻です。私はタイミングよくガソリンを満タンにすることが出来ましたが、まだまだ並ばないと給油出来ない、出来ても20リッター迄など、不便が有るようです。

コンビニ等は殆ど物が無い状態で、タバコ(私は吸いませんが)を買う方以外は入る意味が無いような状態かと思います。スーパーも空の棚が目立ちます。ただ、直後よりは多少物資も入るようになってきたのか、贅沢を言わなければ食事に困るようなことは有りません。

初めて”被災者”となったのですが、備えは本当に大切だなと思いました。特にスマートフォンの充電には困りました。車に100Vコンバーターを積んでいるので電源は有るのですが、ガソリンも重要ですしね。

 

まだまだ不便は続くと思いますが、仕事に関しては停電にならない限り大丈夫そうです。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このカテゴリーのその他の記事

PAGE TOP