jQuery・Javascript jQueryを使った小技やAjax非同期通信などについて

jQuery非同期通信でPHPから値を受け取る – 初歩の初歩の初歩

2014年8月18日
この記事は掲載から1832日経過しています。
情報が古い可能性が有りますのでご了承下さい

昔CGI(Perl)で掲示板なんか作って勉強していたときに、初歩的な掲示板が作れたら、後はそれに肉付けすれば何でも作れるはずだと理解しました。非同期通信に関しても、ユーザーアクションなどをトリガーにPHPと通信を行い、コールバックを受け取るという極々シンプルな事を理解すれば、後は肉付けをしていけばいいのだと思います。

サンプル 1

https://studio-key.com/Sample/jquery/10/01.html

送信された値に現在日時をくっつけたものを受け取ります。

javascript

[js]
jQuery(document).ready(function(){
//ボタンを押したら処理開始
$(document).on(‘click’,’#button’,function(){
var data = $(“#form”).serialize(); //

$.ajax({
type: “POST”,
url: “01.php”,
data: data,
}).done(function(xml){
var str = $(xml).find(“str”).text();
$(“#sample1”).text(str);
}).fail(function(data){
$(“#sample1”).text(‘Error’);
});

});
});
[/js]

PHP

[php]
<?php
if(!isset($_POST)) exit; //POST無ければ停止 実際はサニタイズなどしっかりと。

$return = $_POST[‘str’].’ – ‘.date(‘Y/m/d H:i’); //送信された値と日付を合体

header(“Content-type: application/xml”);
echo ‘<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″ ?> ‘ . “\n”;
echo ‘<xml>’.”\n”;
echo ‘ <str>’.$return.'</str>’.”\n”;
echo ‘</xml>’.”\n”;
[/php]

非同期通信にも色々なオプションがあったりしますが、先ずはこういうものなのだと覚えた方が楽です。難しい事は後から覚えられますし。

フォームの値をPHPに渡す

[js]
var data = $(“#form”).serialize();
[/js]

特殊な処理をしないのであれば、このようにシリアライズしてしまうことで$_POST[‘str’]といった、PHPでPOSTしたときと同じように受け取れます。

サンプル2

https://studio-key.com/Sample/jquery/10/02.html

じゃあメールフォームはどうするの?って事で、サンプル1でフォームに入力した値をPHPに渡す事が出来ているので、PHP側でsendmail処理すればいいだけです。

javascript

[js]
jQuery(document).ready(function(){
//ボタンを押したら処理開始
$(document).on(‘click’,’#button’,function(){

if($(“#name”).val() == ”){ //名前が空ならエラーを
$(“#form”).append(‘名前が空ですよ!’);
}else{
var data = $(“#form”).serialize(); //

//非同期通信開始
$.ajax({
type: “POST”,
url: “02.php”,
data: data,
}).done(function(xml){
var error = $(xml).find(“error”).text();
if(!error){
$(“#contents”).html(‘送信完了しました’);
}else{
$(“#contents”).html(‘エラーが発生したようです’);
}
}).fail(function(xml){
$(“#contents”).html(‘エラーが発生したようです’);
});
}
});
});
[/js]

PHP

[php]
<?php
mb_internal_encoding(“UTF-8”);

if(!isset($_POST)) exit; //POST無ければ停止 実際はサニタイズなどしっかりと。

$flag = null;

/*
* メール送信処理……
*/

//何らかのエラーが発生したらフラグを立てる
if($error){
$flag = true;
}

header(“Content-type: application/xml”);
echo ‘<?xml version=”1.0″ encoding=”UTF-8″ ?> ‘ . “\n”;
echo ‘<xml>’.”\n”;
echo ‘ <flag>’.$flag.'</flag>’.”\n”;
echo ‘</xml>’.”\n”;
[/php]

送信がちゃんと成されたかどうかを戻してやり、それに応じて次の処理を行うだけです。サンプルは <div id=”contents”> の中のHTMLを送信完了メッセージで書き変えて終了です。

つまり

PHPだjQueryだなんて難しい事は置いておき

1) ボタンを押したらPHPに変数を渡し
2) それを処理したものを受け取り
3) それに応じて処理する

という事を理解していれば、後はその応用になってきます。

例えば、送信された値をデータベースに記録し、問題が無ければ登録した旨のメールを返信し、問題無かったよ!という印を戻してやればいいって事です。

もちろん、サニタイズやPHPに直撃食らうような攻撃に対する処理とか、色々な処理を行うのは当然です。それらはこれに肉付けしていけばいいだけなので、先ずはこの基本的な事を理解してしまえば、あとはスムーズに書けるんじゃないかと思います。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このカテゴリーのその他の記事

PAGE TOP